ガスミュージアムブログ

ガスミュージアムブログ

「新しい資料が寄贈されました」

テーマ:     公開日:2014年07月20日

「陶製卓上コンロ」

今月の7月はじめに、当館へ新たな資料を寄贈頂きました。

寄贈頂いた資料は「陶製卓上コンロ」になります。
バーナーと外枠が一体となった、氷裂文(ひょうれつもん)模様の製品は、
戦時中の代用品として作られたものと考えられますが、使用された形跡は
ありません。

この資料は、道具学会前会長の山口昌伴さまが所蔵されていたもので、
ご著書「図説 台所道具の歴史」をはじめ、各所で紹介されています。
紹介文によると

『鹿児島で入手したもので、暗黒の代用品時代、苦肉の策の
 ガスコンロがほんのりと柔らかい表情をもってうまれたのも、
 やきものへの熟練のなせるわざであろう』

と述べられています。

このほかにも、ご所蔵書籍や著書執筆に合わせて集められた資料や
写真の一部も寄贈頂けることになっています。

寄贈に際しては、奥様をはじめ、道具学会の方よりご尽力を頂きました。
心よりお礼を申し上げます。
寄贈頂きました資料は、今後の当館の活動をはじめ、さまざまな形で
活用させて頂きたいと思います。

 

ホーム

 

サイトトップに戻る

このページの先頭へ