ガスミュージアムブログ

ガスミュージアムブログ

おしえて!ガスタッフさん その1

テーマ:     公開日:2017年02月15日

こんにちは。
桜が咲いているのを発見し、もう春が近いのだと感じました。

さて、ガスミュージアムで働いていると、お客さまからいろいろな質問をいただきます。
そこで、おもしろい質問やたくさんいただく質問に、「ガスタッフ」がブログでもお答えいたします!
その名も、「おしえて!ガスタッフさん」♪

さてさて、記念すべき第1回めの質問は…

質問:ガスミュージアムなのに、なぜ外のあかりは電気なの?

答え:外のあかりもガスですよ!

yoru-gasuto

ガスミュージアムの庭にはたくさんのあかりが灯っています。
これらは全てガス灯なのです!

しかし白い光でとても明るいため、電灯と間違える方がけっこういらっしゃいます。
「えーでもやっぱり電灯に見えるなぁ。ガスだっていう証拠はあるの?」
という方は、じっと光を見てみましょう。

mantle

すると、光がゆらゆらと動いていることがわかります。
これはガスが燃えているからなのです。

庭にある17本のガス灯のうち16本は、「マントルガス灯」です。
光っている部分を「マントル」と呼び、繊維を袋状に編んだものに、発光材が染みこませてあります。
ガスの炎がマントルの中で燃えて、その熱で発光材が白く光る、という仕組みです。

yoru-gasto2

1本だけ「裸火(はだかび)」というガス灯があります。
ガスの炎がじかに燃えているガス灯なので、よかったら探してみてくださいね。

それでは次回の「おしえて!ガスタッフさん」をお楽しみに!

 

ホーム

 

サイトトップに戻る

最新の記事

テーマ別

アーカイブ

このページの先頭へ