ガスミュージアムブログ

ガスミュージアムブログ

大判カメラワークショップ開催しました

     公開日:2013年06月18日

6月16日(日)に、大判カメラを体験するワークショップを開催しました。
午前中は雨模様でしたが、午後は絶好の大判カメラ日和に!

まずはくらし館で、講師の知新 温(あらた おん)先生による講義です。
そもそも大判カメラってどんなもの?
撮影の手順は?
とても大切な露出はどうやって決めるの?

大判カメラワークショップ開催しまし

なおワークショップは、日本リンホフクラブの皆さま、ワイズクリエイト様ほか、たくさんの方々のご協力をいただきました。
皆さま、本当にありがとうございました。
たくさんの方々のご協力をいただきました。

たくさんの方々のご協力をいただきました。

たくさんの方々のご協力をいただきました。

いよいよ屋外で撮影です。
屋外で撮影

構図を決めて、三脚とカメラのセッティング、
ピントを合わせる(ピントルーペというものを使います)、
フィルムホルダーをセットする、
露出を計る(露出計を使います)、
絞りとシャッタースピードをセットする、
空シャッターを切る!!
シャッターを切る、
フィルムを引き抜く。

以上、省略して簡単に書きましたが、1枚の写真を撮るためにたくさんの手順を踏みます。デジタルカメラならシャッターボタンを押すだけなのに。
でも、大判カメラのファンは、この手順が楽しいそうです。
そして大判カメラの特長の一つである「あおり」も学びましたよ。

最後に撮った写真の講評をして終了。
楽しいワークショップでした。
最後に撮った写真の講評をして終了。

楽しいワークショップでした。

 

ホーム

 

サイトトップに戻る

最新の記事

テーマ別

アーカイブ

このページの先頭へ