ガスミュージアムブログ

ガスミュージアムブログ

火おこし体験&オリジナルランプづくり開催しました

テーマ:,      公開日:2013年02月26日

2月11日(月・祝)、「火おこし体験」と「オリジナルランプづくり」のイベントが行なわれました。
これは東京ガスの省エネ月間イベントとして開催されたもので、親子での参加を募集し、
午前・午後ともお子様と保護者の方で当日は20組約80名の方がいらっしゃいました。
6~8才くらいのお友だちと、そのお父さん、お母さんが多かったです。

「火おこし体験」は、くりこま高原自然学校の佐々木豊志先生のリードで進められました。
「くらしの中でみなさんが火を使うのはどんな時?」という先生の問いかけからスタート。
人間にとっての火の大切さ、火を使うときの注意などのお話を聞いてから、お待ちかねの「火おこし」、です。

火おこし体験

木と木の摩擦で火をおこす「弓ぎり型」と「舞い切り型」という2種類の道具が用意されていたのですが、
実際、やってみるとけっこう大変。この日は北風も強くとても寒かったのですが、みなさん最後まであきらめず、力を合わせてがんばって炎をつくり、このとおり。
実際、やってみるとけっこう大変。

「火おこし体験」の後は「オリジナルランプづくり」に挑戦。
小さなLEDランプのまわりにかぶせるランプシェードをぬり絵で作りました。
「火おこし体験」の後は「オリジナルランプづくり」に挑戦。

このぬり絵、実はガスミュージアムオリジナルの「錦絵ぬりえ」を使って着色してもらったのですが、色をぬっている間はみなすごい集中力で、会場は、“しーん” としていました。
このほか、省エネの紙芝居「そらちゃん家の省エネライフな1日」を見て、クイズに挑戦したり、ミュージアムのガス灯点灯体験に参加したり、と「あかり」と「炎」の大切さをじっくり、しっかり楽しみました。

 

ホーム

 

サイトトップに戻る

このページの先頭へ