収蔵品紹介


「明治錦絵の世界」

明治錦絵の世界

「錦絵」とは「多色刷浮世絵版画」のことです。明和2年(1765年)にそれまで単色だった版画に色がつけられ、「錦のように美しい」と言われたところからこう呼ばれました。
ガスミュージアムでは、その「明治錦絵」を約400点収蔵しています。
ジャーナリズムとしての役割も担い、新時代・文明開化の様子を生き生きと伝えている明治錦絵の世界を、ぜひお楽しみ下さい。

「収蔵品で見るガス器具の歴史」

収蔵品で見るガス器具の歴史

ガスミュージアムでは、明治時代からのさまざまな「ガス器具類」約1,200点を収蔵しています。
その中からガス器具の歴史を器具ごとにたどりながら、収蔵品を閲覧していただくことができます。

画像の利用について

画像の利用について

画像借用についてのお問い合わせは、右のボタンをクリックして、「画像の利用について」ページをご確認ください。


サイトトップに戻る

このページの先頭へ