ガスミュージアムブログ

ガスミュージアムブログ

『赤い衝撃「明治赤絵」展』始まります!!

テーマ:     公開日:2018年04月12日

こんにちは。
今年初めてのちょうちょを見ました♪

さて、4月14日(土)から新しい企画展、『赤い衝撃「明治赤絵」展』が始まります。
「赤絵(あかえ)?それ何?」と思う方もいらっしゃるのでは?
まずは展示作品を少しだけご紹介いたします。

歌川国輝(三代)「東京名勝浅草観音之図」です。
画面全体が真っ赤ですね。
とてもビビットな印象を受けます。

安達吟光「東京新富座真図」です。
まるで赤い空に劇場の座席が浮いているような…
手前は新富座の外、奥は新富座の中を描くという、おもしろい作品です。
赤い空よりも、構図のフシギさが目立っている気がします。

ここまで見てきた皆さんはもうお気づきでしょう。
「赤絵」とは、赤色を多用した錦絵のことなのです!
「でもなぜこんなに赤が使われるようになったの?」と思った方は、ぜひこの展覧会を見にいらしてください。

『赤い衝撃「明治赤絵」展』は7月1日(日)まで開催いたします。
しかし空が赤く描かれていることに、当時の人たちは違和感を感じなかったのでしょうか?

 

ホーム

 

サイトトップに戻る

このページの先頭へ