ガスミュージアムブログ

ガスミュージアムブログ

「繙(ひもと)かれた作品たち 初お目見えコレクション」展、開催します!

テーマ:     公開日:2017年04月04日

こんにちは。
衣替えのタイミングがなかなか難しいですね。

さて、4月8日(土)~7月2日(日)、「繙(ひもと)かれた作品たち 初お目見えコレクション」展を開催いたします。
この企画展は、ガスミュージアム開館50周年を記念する第1回目の企画展です。
初お目見え、ということですから、当館初公開作品のみの展覧会です。
これは見逃せませんね!!

どんな作品が展示されるのか、ちょっとだけご紹介いたします。

豊原国周 歌川広重(三代)「東京の花纏尽くし名勝合 浅草寺金龍山」です。
なんと国周と広重(三代)の合作ですよ!
ゼイタクですねー。
とてもカラフルで、色使いがすごくキレイな作品です。

楊堂玉英「東京名所 江戸橋郵便局真景」です。
郵便局がとても大きく、右端にちょこっと富士山が見えていますね。
まだこんなに大きな建物は少なく、空がとても広く感じます。
しかしなぜ空が真っ赤なのでしょうか?

この他にも、井上安治や棟方志功、脇田和など、今までご紹介する機会がなかった名作を、一挙どどん!と展示いたします。

今までご紹介する機会がなかったということは、次はいつ展示紹介されるかわからないということです!
ぜひこの機会にごゆっくりご鑑賞ください。

 

ホーム

 

サイトトップに戻る

このページの先頭へ